☆ ねこのルルちゃん ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

再検査の結果報告 6/6 


昨日、ルルの再検査に行ってまいりました。



結果報告です
080606-1


結論から報告すると「良好」でっす!O(≧▽≦)O

では詳細です。長いです。すいません。
(今までの関連記事はカテゴリ「ルルの健康管理」に分けてみました。)

 




恒例の朝ごはん抜き
080606-2




検査内容:血液検査&尿検査

血液検査
ALT:前回276→今回186  AST:64→53(正常値範囲内に!) ALP:138→120

数値下がりました~。ASTなどは正常値です。数値の動きだけでは素人の私にはどれくらいよくなったのかわかりませんが、先生いわく「とてもいい」とのこと。うれしか~。



そして、療法食のスペシフィクFKDを摂取することで、ストロバイトの心配が懸念されていた尿検査の結果ですが、私、超びっくりです。


ph:前回7(アルカリ性)→今回5(酸性) 結晶:(+)→(-)


理想的な尿になっていました!前回検出されたストロバイト結晶も今回は見当たらず、無し!

これは、ウェット(猫缶)の回数を増やしたこと、食習慣を改善したことがとても有効だったようです。

ウェットで蛋白質の摂取&水分補給(これも教えてもらった方法ですが、たまに猫缶にぬるま湯をすこーし足して水分量をUPしてみたりもしてました^^)

そして食習慣を改善してみてわかったことですが、ちょっと小腹が減ったとき、以前はいつもごはんがありましたが、今は無い。どっこを探してもお皿にはお水だけ。「しょうがない、水でも飲むか、コクコク」(笑)という光景を何回か見かけました。これも水分量UPに役立ったんじゃないかと思うのです。


それから以前ちょっと触れた「常にごはんが食べられる状態だと尿のph値に影響を与えるそうで、尿路結石の原因になる場合がたまにある」ですが、もうちょっと詳しく調べました。
一般に食後の尿はアルカリ性に傾くのです。「食後のアルカリ尿」というそうです。で、いつでもたべられる→尿がアルカリ性でいる時間が長くなる→ストロバイト発生率が高くなる。(ストロバイト結石はph7.0以上で析出し、6.4~6(弱酸性)以下で溶けるという性質があるそうです)尿のphは1日のうちで変動するので、1日1回は6.6以下になるように気を配るとストロバイト予防に効果的らしいです。

以上良かったこと。

今度は悪かったこと。

血液検査によりリンパ球が前回5574から9669に増えたこと。原因は先生もわからないとのこと(おいおい)でも、ひとます大事に至るような数値ではないので、もう少し様子を見ることに。




今後は

1 今まで通りの食事内容と食生活を続けること。まずは肝臓ケアを最優先です。

2 リンパ球は次の検査の数値を見て、対応(薬の処方など)を検討することになりました。

以上です。







おウチに帰ってきて、ごはんもりもり食べて、のんびりするルルさん
080606-3



それから、今までルルの健康のことでいろいろアドバイスやエールを送ってくだっさった皆様、 本当にありがとうございました。私ひとりではきっとおろおろするばかりで何も出来ませんでした。
お力添え、とても感謝しています。おかげで、ルルの体は健康体に近づいてきています。とてもうれしいんです。何度言ってもいい足りないんです。本当にありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!



スポンサーサイト
[ 2008/06/06 09:54 ] ルルの健康管理 | TB(0) | CM(14)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。