☆ ねこのルルちゃん ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

検査結果報告12-18(特発性腎出血) 

かかりつけの先生のご尽力を賜り^^専門先生の精密検査、受けてまいりました。

検査結果報告です。

(興味の無い方はスルーで。今までの経過はカテゴリ「ルルの健康管理」です。よろしくです。)

 

 

今回の検査項目はこちら。

1:エコー(超音波)検査 2:レントゲン 3:尿検査

3の尿検査は、特に頻尿だったり、トイレ時に痛がるなどの症状がないため、尿道の異常ではないだろうとの見解から、(尿道を通る前の)膀胱から、直接採取して検査することになりました。

 

 

で、エコー、レントゲンから膀胱も、腎臓も肝臓も正常。どこからの出血も確認されず。ただ、やっぱり尿には顕微鏡でしか見れないほどの血液(「潜血」と呼ぶそうです)がある。

 

 

これらの症状から、「特発性腎出血」と診断されました。

 

ちなみに「特発性腎出血」、病気ではないそうです。簡単に説明すると、腎臓を経由した血液がなにかのきっかけで、尿に混じってしまう症状なのだそうです。

稀な症状で、わりとスコやアメショにみられるそうなのですが、未だ原因は不明。なので、治し方も不明なのだそうです。

 

で、ルルは潜血の量も多くないので、「とりあえず現状維持で大丈夫。ただ、おしっこにはいつも注意してあげてください」とのことでした。

081218-1

で、治し方がないといわれて、はい、そうですかとは引き下がれません^^

 

今度は診察結果の資料一式持って、かかりつけの病院へ(笑

「こう言われましたが、ぜったい治せないんですか?治さなくっていいものですか?」

先生のところへも診察結果はすでに専門先生から届いていたので、私の要領を得ない話でもすんなりわかっていただけました^^

「ぜったいに治るとは言えないけれど、治るにこしたことはありません。止血剤で治った子もいないわけではありません。体に負担もかからないので、再度試してみますか?」とのこと。

 

 

なので、再度、止血剤を服用させてみることにしました。

081218-2

 

ルル、(のんびり)がんばってくれ。namiも(気長に)がんばるから。


~おまけ~


081218-3 ルルのレントゲン(クリックすると大きくなります)

081218-5 ルルのエコー写真(上から膀胱、腎臓×3です)

 


 

 ブログランキングへ ありがとう!

☆ブログランキングに参加しています。よろしかったらポチっとお願いします。

 

******************************************************************

このブログを読んでくださっている皆様へ

いつもありがとうございます。引き続き里親探しのお願いです。

仔猫ちゃんの詳細は、ブロ友さんのあぷぼんさん「あぷぼんばー」(10/12の記事です)でご覧になれます。里親さんになれる方、または心当たりのある方、私宛でも結構です(右上にメルアドがあります)

ご一報いただけるとうれしいです。

 


スポンサーサイト
[ 2008/12/18 22:23 ] ルルの健康管理 | TB(0) | CM(18)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。