☆ ねこのルルちゃん ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

避妊手術をした日 

今日は長文です。namiの日記です。まじめな話です^^

 

1年前の今日、9月25日はルルが避妊手術を受けた日です。

手術をする前、術後服の練習を兼ねて着せてみました。(生後1年と半年の頃のルル)
080925-1
この頃は体重2.4kg。今は増えて、減ってで1kg増の3.4kg。

 

 

手術はたいてい1日入院するかと思いますが、ルルは即日退院しました。

理由はこうです。獣医の先生に「術後、様子を見に来ていいですか?」と尋ねたところ、答えは「来ちゃダメ。」

「心配はわかりますが、飼い主が顔だけ見せてそのまま帰ってしまうと、かえってネコちゃんが寂しがってかわいそうな思いをするだけです。見に来るくらいなら退院させてつれて帰っていいですよ。自分の家のほうが安心するでしょうし」とのこと。(乱暴な先生に思われるかもしれませんが、今もルルがお世話になっているとてもいい先生です。しっかりとした素人にもわかりやすい説明もしてくれます。あと、即日退院対応の病院は他にもあるようです。)

 

 

悩みました。いーーぱい悩んで、「即日退院の危険性、安全性」も先生にしつこく聞いて、結局その日のうちにつれて帰ることにしました。横暴なようですが、「夜中急変したらいくら先生でも寝ているだろう、だったら夜中私が看ていればいい。いざというときは夜間のみ営業の超救急動物病院が近くにある」と思ったからです。私自身初めてのことですごく心配で、必要以上にネガティブ思考だったのですね。 (これ良くないです)


080925-2
退院して2日めのルル。




080925-3
自力でごはんの場所まで来て、カリカリを朝4g、夜6g食べました。

 

 

当日、手術も無事済んで、「迎えに来ていいですよ」との連絡を受け、病院へ向かいました。

術後のルルは麻酔が覚めて、ゲージの中で興奮しています。よだれをたらして「うーうーしゃーしゃー」か細い声で威嚇していました。私はとっさにゲージに手を入れました。

横で看護士さんが「危ないです!噛まれますよ!」と言った気もしましたが、そんなの関係なし。噛まれたってなんだってかまやしない。

手を入れるとルルは匂いを嗅ぎ、嗅ぎ、鼻をスリっと。擦り寄せてくれました。頬を寄せてくれました。私の手に頭を預けてきてくれました。

 

きっと、この瞬間です。

私が、ホントのホントの本気で「ルルの一生を私の生涯かけて守り抜く」と心底思ったのは。




080925-4
退院して4日め。ルルは自分でタワー(低いんですけど)に登りました。




080925-5
抜糸後、10日め。いつもどおりのルルです。

 

 

9月25日。私にとって生涯をかけた「決意の日」なのであります。

 

以上です。長々とおつきあいいただき、ありがとうございました。

 

今回の記事で私の選択した行動を「危険だ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。今後の為、またこれから初めての避妊手術を予定している飼い主さんの為にも、ご指摘コメントなどいただけると嬉しいです。




ブログランキングへ ありがとう!

☆ブログランキングに参加しています。よろしかったらポチっとお願いします。

 

※すいません。毎度のことながらコメントのお返し、遅れます。





9/26追記です。

手術の費用や方法などは、検索したり、調べたりすればたくさん情報が得られます。
実際に手術を経験したお話や情報を少しでもお伝えできればと思い、今回記事を書かせていただきました。が、今読み返すと、ただの「思い出話」と「決意表明」じゃん!なことに少々恥ずかしくなっておりますorz

これから「避妊(もしくは去勢)手術」をお考えでこの記事にたどり着いた方へ、ぜひコメント欄もお読みいただきたく思います。たくさんの「経験者」様から情報を寄せていただいておりとても参考になります。
ぜひぜひお読みくださいね。このブログはいただけるコメントのほうがとても貴重なお話ばかりなのです^^

あと、記事中で「しゃーしゃーいうルルに手を差し出して」とありますが、これは大変危険なことです。(このこともいただいたコメント内で詳しく書いていただいております)パニック中のネコちゃんに実際に噛まれて通院までされた方がいらっしゃるそうです。とても危険な行為なので、私のように感情的にならず、冷静になって対処してあげてください。
[ 2008/09/25 11:11 ] ルル | TB(0) | CM(23)
そうでしたか!!9月25日は大決意の日だったのですね!
獣医さんにもよると思いますが
私が前に行っていた病院は避妊手術でも去勢手術でも
即日退院その日の夕方にはお迎えでした。
聞くと手術後よりも麻酔が一番大変だと聞きました
なので一筆かかされましたよ…

初めてでしたのでそういうものなのかなぁ?
と楽観的に考えていましたヨ
その後何事もなかったからよかったんですがね
以前飼っていた猫の時は色々と知らない事ばかりでした^^;

術後のお話はるるちゃんの性格がよーく出ていますね^^

れお君の場合1泊でしたが迎えに行っても病院の中が面白くて??
探検して私なんか知らん顔されちゃいました(*_*;
[ 2008/09/25 12:20 ] れお君の母 [ 編集 ]
☆れお君の母さんへ

即日退院でしたか~。そういえば私も一筆書きました。「不慮の事故が起きても責任は問いません」のような内容の。

私、ひどく心配性で、さらに気が小さいものだからオロオロしちゃって(泣)飼い主はれお母さんみたいにどーんとしてたほうがいいですね!

れお君、肝が据わってる(笑)オトコらしい~。
[ 2008/09/25 12:56 ] nami [ 編集 ]
そうだったんですね!
でもたしかに、家に連れて帰った瞬間よりも
もっと強く「絶対に守る!」って決める出来事が
必ずあるような気がします。

ウチは男子だったので即日退院でしたが、
女の子は大掛かりな手術になりますもんね;
でも確か、みぃさんも即日退院でした。
(とろ様と同じ病院で手術したもらいました)
それでもやっぱり知らない場所に一人だけで
残されて、不安だったと思います。

namiさんの手、ルルさんはとってもうれしかったと
思います。ちょっとここ読んでて泣きそうになりました。(笑;
これからも元気で楽しくいこうね、ルルさん♪(愛)
[ 2008/09/25 13:06 ] とろおば [ 編集 ]
このブログはとても参考になります。
うちは、4ヶ月なので、まだ手術は2ヵ月後になるのですが、普段でも臆病者の寂しがりやさんなので、手術が心配で心配でたまりません。
避妊や去勢手術は猫ちゃんの一生を左右するとても重要な手術だと思います。だから、その猫ちゃんの一生を左右するのだから、猫ちゃんを一生大事にする覚悟がなければなりません。
今まで以上にるるちゃんも、namiさんを大切だとおもったのでしょうね!!素敵なブログありがとうございます。
[ 2008/09/25 16:30 ] のぼぼん [ 編集 ]
9月25日はnamiさんの【大決意の日】だったんですね。
そんな風に想われてルルちゃん幸せだと思います(*^^*)
うちは避妊手術は朝連れて行って夜にお迎えでした。
私も女の子は1泊するものと思っていて(実家のにゃんこがお泊りで手術だったので)心配だし聞いたんですが、[大丈夫そうなら連れて帰ってもらう]というのと、連れて帰って少しでも心配なことがあれば(状態がよくないとか)[時間外でもかまわないから電話して]と先生がおっしゃったのでそれを聞いて安心したんです。
病院によっていろいろありますよね。
[ 2008/09/25 18:24 ] たびちゃん [ 編集 ]
うん!すごく私には勇気がでる記事だとおもった。
もずくはまだ避妊してないので(前のコが術後に亡くなったため)
そろそろ連れて行こうと思ってて。。でも、勇気でなくて。。
namiちゃんに励まされた☆がんばって予約してくるよ。
ルルちゃんを思う気持ちよくわかるよ!
[ 2008/09/25 18:38 ] もずく [ 編集 ]
ちょっと、話がずれますが、
友達の家のワンコは小さい時はもちろん可愛いいのですが、
育つにつれて、なんや、幸せそ~な、可愛さ日に日に倍増って感じなんですよ~。
ルルちゃんに魅かれたのも、可愛いだけでなく、
なんや、幸せそ~な感じが、見ていて、のほほ~んってするのかな~って思いました。
[ 2008/09/25 19:30 ] ハイラニ [ 編集 ]
避妊手術の場合 お腹を開けて
子宮と卵巣を摘出するわけですから
けっこうな大手術ですよね。
動物病院では わりと日常的に行われている手術ですから
変な言い方ですが 慣れていらっしゃると思います。
でも もし自分や家族が同じ手術を受けるとすると
大変なことだと思うんです。
ですから いろいろな長所短所を考えなくては
いけませんよね。
手術方法や術後の管理の仕方などは
先生によって考え方が違いますから
いろいろと相談して決めていく方がいいですよね。
最終的に決めるのは 飼主なんですから。

ルルちゃんも今はお家でのんびり~~ですね。
術後のお洋服も似合ってますよ(^^)

[ 2008/09/25 19:49 ] ふぃがろママ [ 編集 ]
ウチは一泊させましたね~。しかも術後にわざわざ
様子を見にも行きました。namiさんの主治医さんからすれば
なんてバカ飼い主なんだ!!かもしれませんけど
なにせ心配で、とりあえず顔だけでも見たい、でも
そのまま引き取るのは怖い、だったもので・・・。
でもやっぱり次の日は朝イチで迎えに行きました。

術後すぐモモはケージ内をうろうろしていたらしく、
電話でその話を聞いた時は驚きました。動物の生命力って
すごいなぁ・・・って。

どういう方法を取るかは飼い主次第だと思いますが、
お医者さまとの信頼関係を結ぶのも大事ですねー。
納得できるかどうかですし。
[ 2008/09/25 22:46 ] サナエ [ 編集 ]
そんな事が!

子供の事だって そうだけど、何が正解か分らないことだって一杯あるよ。
だけど そんな中、みんな愛を持って 一生懸命やってるんだよね。
それでいいんだと思う。
namiちゃんの選択が 正しいか正しくないかなんて 人がどうのこうの言うことじゃないと思うから。
namiちゃんとルルが 今 元気で幸せでなら それが正解なんだからさ♪
[ 2008/09/25 22:59 ] ぷんちゃん☆ [ 編集 ]
とっても参考になります!
ウチの子は今6ヶ月半くらいで、体重や体力を考えて8ヶ月で避妊手術しようと思ってるんです。
病院によって方針も違うと思うし、特に女の子は手術で亡くなる話も聞くので不安なんですよね(>_<)
ウチの子はすごく臆病なので、今から心配でなりません。
避妊手術したにゃんこのママさんのお話は、いくらでも聞きたいです。
ルルちゃん、ほんとによく頑張りましたね!
読みながらウルウルしちゃいました。
[ 2008/09/25 23:18 ] ころ [ 編集 ]
最近涙もろくって、危なかったです(実は少しほろり)

うちも10月で1歳になるので手術をいつにしようか悩んでます
麻酔が万が一あわない事もあるといいますし、考えちゃいます

術後服のルル姫、めちゃくちゃかわいいですねー(*´ェ`*)
術後服が欲しくなっちゃいましたw
[ 2008/09/26 14:23 ] ファーファ [ 編集 ]
そうだったんですね。
うちもチビたち、どうしようかと考えてもいるんです。
先に出産を望みたいような気もするし。(閏は出産向きじゃないですが)
ノアは術後に血尿になった(手術と関係なく、多分腹巻のストレス)のもあるし。

術後、経過観察のため、そして万が一を考えて獣医さんも
入院としているんだと思っています。
お家に連れて帰って来て安静な状態で見てあげて
場合によっては迅速に獣医さんに連れて行ってあげるなど
出来る環境で、獣医さんも良いって言ってくれるなら
連れて帰るのも良いと思います。

にゃんこがパニックになっている時に手を出すのは気を付けて下さいね!
「誰」という認識が出来ていない状態になってしまうので
飼い主であれ噛まれて大惨事になる事があります。

実際、飼い猫に噛まれた友人がいるんです。
普段はおとなしいコなんですが、何かがあってパニック状態。
他にゃんとケンカの勢いになったのでとっさに手を出した結果だそうです。

室内飼いだから、普段慣れているから大丈夫、という問題でもなく
本能で噛まれる時は噛まれる。
そして 出血もひどく、噛まれた箇所はかなり腫れ上がり しばらく通院して消毒をしていました。
その後 にゃんこも飼い主さんも、ぎこちない日々があったそうです。。


とはいっても、とっさに手を出してしまう気持ちも分かります。
ルルちゃんも分かったんでしょうね。
お母さんが来てくれた!って。(*´ー`)
[ 2008/09/26 14:55 ] アスカ [ 編集 ]
はじめまして!
私もスコの女の子と暮らしています。
生後7ヵ月になったばかりで
実は今日、避妊手術を受けています。
もう手術は終わっていると思います。
私の行っている病院でも即日退院で夕方にお迎えにきて下さいと
言われました。
手術前後で何かあったらすぐに連絡がくるということだったので
連絡がないのは無事に終わったんだとこの時間になって
やっと少しほっとしているところです。
私も女の子の手術は入院と聞いていたので
始めものすごく心配になりました。家に帰ってきてもし何かあったら??
体調の変化に気づいてあげられなかったら?などなど…
でも先生のお話を伺うと、一晩知らないところで過ごすよりも
お家に帰った方が安心できるだろうし
もし何かあったらすぐに連絡して良いとのことで
こちらの病院で手術を受けることに決めました。
私は先生からはっきり「入院をしても私たちが一晩中起きて見ているわけではないんですよ」と
言われてしまいました。
それを聞いて私もnamiさんと同じに、それはそうだ。だったら私が見ていようと思ったんです。
愛猫は現在体重が2.5キロで、手術を受けるベスト体重は3キロを超えてから
という病院があったり、本当に病院によって考え方も違うようで
手術をする時期なども悩んだりしました。
ルルちゃんは2.4キロだったんですね。

手術をすると決心したものの、今日で良かったのか?もう少し体が大きくなってからの方が良かったのでは?
入院できる病院の方が良かったのではないか?など後悔に近い迷いみたいなものが出てきてしまって
いたんです。
私もものすごく心配性なんです(^_^;)
そんな気持ちで過ごしている時に、ルルちゃんの手術の記事を拝見して
勇気を頂きました。本当にありがとうございます!!
もうそろそろ時間なので、これから病院へお迎えに行ってきます。
私も一生懸命、大切な愛猫を守っていきます!

はじめてでこんなに長々と自分の意見を書いてしまい
大変失礼致しました…。
手術の当日に、ルルちゃんの手術の記事を拝見し
たまらずにコメントさせて頂きました。
[ 2008/09/26 16:47 ] もん   [ 編集 ]
こんにちは、出張やチビ'Sのお世話など…
慌しくて中々コメができませんでした、スミマセンm(- -)m
(記事は毎日拝見してますよ~(^-^)

手術の事、私も先日「オペラ」の避妊手術をしたばかりなので、興味深く拝見しました

オペラは御存知の通り、完璧アウトドア派なので皆様の処の坊ちゃん嬢ちゃんとは、かなり違った状況です。
私自身、ニャンコの手術は初めてだったので、それはもう心配で心配で…
常時20~40頭の保護をしている方や病院の先生に、しつこい位に聞き捲りでした(手術を見学させて貰えないか?迄、言っちゃいました(^-^)

カラーや術後服の心配も有り、不安で不安で…、術後の投薬も、かなり苦労が伴いましたが、昨夜も元気なオペラと会いましたので大丈夫だったかな?と胸を撫で下ろしている「今日この頃」状態です(^_^;)

皆様のご参考にはならないかと思いますが…
オペラは一泊二日でした。こちらに来られる方の中でも、一部の方は御存知だと思いますが、オペラは「ノラ」さんです。
術前は「術後の管理はどうしたら良いのだろう?カラーなんてつけた日にゃぁ、元に戻せないし…、取れる迄確保しておく事もできないし…、その間、未だオッパイをのんでいる(?)ミニっ子達の事も有るし…、術後服の大きさも判らないし…、着せたとしても、今度は脱がせる為の確保が出来るかどうか…、等々…。
心配のタネは尽きませんでした。
(namiさんの事云えないですよね~、私も立派な猫バカだ!(^_^;))

結果。案ずるより産むが易し…で、手術をされた先生は「ノラ」の手術も多いらしく、翌日迎えに行った時、直ぐに放してもOKとの事でした。
(その割には、朝晩3日分の薬を渡された時は、「?」でしたけど…(-_-;)

手術の方法が違うのか?良くは知りませんが抜糸も必要ないとの事でした。

費用も皆さんの場合より、かなり(ビックリするほど)安く、これは公開できませんけどね~(^_^;)。助かりました。(^-^)
(福沢諭吉さんで、お釣りが来ました!(^-^)(^-^))

不謹慎かも知れませんが、正直、カラーか術後服姿もチョッピリ楽しみだったのです(^_^;)。(だって、可愛いし、一生に一度?の事ですもん!)

もしも、詳細や手術費用の事をお知りになりたい方がいらっしゃいましたら、
☆チビ'S情報を御覧下さい。

纏まりませんが…、まぁ、そんな処です。今は次のネコの「確保」に振り回されてます(-_-;)
(やっぱり、オペラの術後服姿、見たかったな~(^_^;)
[ 2008/09/26 17:02 ] プーパ [ 編集 ]
避妊手術・・・。
うちは2にゃんとも男の子なので、去勢手術になるのですが・・・。
今年の6月生まれなので来年の1月くらいになるのかななんて漠然と考えているのですが。。。
獣医さんに初めてにゃんを診せに行った時にも、去勢について説明を受けました。
完全室内飼いの猫ならなおさら、と。
発情の度につらい思いをすると。

私は人の「女」として性を受けていて、まだ子供は生んでいません。
避妊・去勢ということは「人」・「猫」間で違うとも思うのですが、少し考えてしまうのです。
子供が欲しいけれど、子供に恵まれる前に子宮を摘出された女性を知っています。
子宮を摘出するということ。
痛いし、ホルモンバランスも崩れるし、体も本当に大変だけれども、それ以上に心が痛い。

スーちゃんにとって、namiさんの存在はきっと、安心そのものだったんだと思います。
そして、人生そのもの。
生を受けて、いつか死を迎えるまで、ずっとそばにいたい。
そんな存在なのだと思います。

わたしは多分、我が家の2にゃんにも去勢手術を受けてもらうと思います。
2にゃんとの1日1日を大切に、大切に過ごしたいと思います。

スミマセン、私の一人よがりな考えなのですが。。。
[ 2008/09/26 19:02 ] 髪の毛お化け [ 編集 ]
ルルちゃん!
ちょっと興奮してしまい、名前を間違えてしまいましたっ!!!!
ルルちゃん、namiさん、本当にごめんなさいっm(__)m
[ 2008/09/26 19:06 ] 髪の毛お化け [ 編集 ]
本当にありがとうございます!うれしいです!
また、これから手術を考えている方へ、経験者様からいただいたコメントをもう一度読み直していただくことをオススメします。


☆とろおばさんへ
>もっと強く「絶対に守る!」って決める出来事が
必ずあるような気がします。

そうなんです。ルルを迎えた時ももちろん「ちゃんと面倒みる!」っていう覚悟があったんですが、仔猫だったので、かわいい、かわいいばっかりで^^。このときはもっと強い「責任感」と「愛情」を感じたような気がします。





☆のぼぼんさんへ
ありがとうございます!

>その猫ちゃんの一生を左右するのだから、猫ちゃんを一生大事にする覚悟がなければなりません。

その通りだと、私も思います!





☆たびちゃんさんへ

>うちは避妊手術は朝連れて行って夜にお迎えでした。

同じ、即日退院だったのですね。即日って結構多いんですね~
私も女のコは1泊だと思い込んでました^^






☆もずくさんへ

さくらちゃんだったよね。。。会った事はないけど写真は見てました(HPで)かわいいコだったよね。
もずちゃん、いよいよですか。未だに手術には少し抵抗を持っている私が言うのもなんだけど、がんばって!でいっぱい愛してあげてね。





☆ハイラニさんへ

ルルは、私達夫婦にいっぱい「愛情」と「幸せ」をくれます。小さい体でとてもいっぱいくれます^^





☆ふぃがろママさんへ

>先生によって考え方が違いますから
いろいろと相談して決めていく方がいいですよね。
最終的に決めるのは 飼主なんですから。

そうですよね。いっぱい、些細な事でも納得いくまで話し合うこと、とても重要だと思います。飼い主=親ですもんね!





☆サナエさんへ

見に行っちゃいましたか~(笑)でもその気持ちよーーーーーくわかりますよ!

>お医者さまとの信頼関係を結ぶのも大事ですねー。

大事ですね!信頼できなきゃ、わが子のお腹切るの任せられませんよ。





☆ぷんちゃんへ

> みんな愛を持って 一生懸命やってるんだよね。 それでいいんだと思う。

うん。そうだね。ぷんちゃん、ありがと。





☆ころさんへ

コメントありがとう!ぜひ他の方のコメントもお読みくださいね!
ためになる情報がいっぱいですし、なによりいい心構えができると思いますよ~^^





☆ファーファさんへ

>麻酔が万が一あわない事もあるといいますし、考えちゃいます

うん、実は麻酔が一番の難関だって私も聞いたことがあります。信頼できるいい獣医さんが見つかるといいですね。いっぱい話しができてこの人ならお任せできるって先生に出会えますように!





☆アスカさんへ

たくさんのとても為になるお話しありがとうございます!やっぱアスカさん、すごいや!

>にゃんこがパニックになっている時に手を出すのは気を付けて下さいね!

このお話、とても大事だと思ったので記事内で追記させていただきました。ご指摘くださって本当にありがとう!





☆もんさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます。
もう、ネコちゃんは無事おウチへ帰ってきたかな?
手術がんばったこと、いっぱい褒めてあげてね。





☆プーパさんへ

ノラさんの保護や避妊は大変ですよね!すごくよくお世話されていてほんと、頭が下がります。
抜糸の必要がないのは、きっと体内に吸収できる特殊な糸だからですね。この糸自体、お値段お高いらしいです。ルルは通常の安い(?)糸だったので抜糸が必要でした^^ 
あと、知り合いでノラさんの避妊手術をした方がいますが、手術後糸を引っ張ってしまって傷口が開いてしまったというお話を聞きました。オペラちゃん、気をつけてあげてくださいね。(言うばっかりでごめんなさい)





●プーパさんの「チビ'S情報」はこのブログとリンクさせていただいている、あぷぼんさんの「あぷぼんばー!」でご覧になれます^^






☆髪の毛お化けさんへ

>子宮を摘出するということ。 痛いし、ホルモンバランスも崩れるし、体も本当に大変だけれども、それ以上に心が痛い。

わかります。ルルに出来るなら子供を生ませてあげたかった。ずるずる悩んで1歳と半年(手術するにはちょっと遅い時期ですよね)まで長引かせてしまいました。

ひとりよがりじゃないですよ~。私も未だに手術は抵抗がありますもの。

>2にゃんとの1日1日を大切に、大切に過ごしたいと思います。

うん。いっぱい愛してあげてね!
[ 2008/09/26 21:24 ] nami [ 編集 ]
こんにちは。
ルルちゃん、発情来る前で手術されたのでしょうか?
私も髪の毛おばけさんのように、避妊手術には抵抗あったんですよ。
namiさんのようにいろいろなことで心配して、
室内飼いだし、手術しなくても健康でいられるかもしれないじゃん!
なんて思っていたのですが。

うちのアップル、まだ大丈夫だろうと思っていたら発情が来てしまって。
将来の病気の予防の為も、もちろんですが
あの朝から晩まで泣きっぱなしというのも可愛そうでした。
きっと何度も交尾をして成し遂げるまで、さかりの時期は
泣きっぱなしなのでしょうね。(とっても変な感覚なんでしょうね)

今は笑ってられますが、正気がなくなっちゃって旦那に
四六時中「結婚して~v-238」と訴えて。
果てには発情だけで体力を使い切ってしまって
ごはんも食べられない、起きている時は泣きっぱなしで
やっと寝るときは疲れて倒れこむように。
痛々しかったです。
自然の摂理に反することだとは思いましたが、アップルが
発情してもどうにもしてやれないことに、手術を決心しました。

ルルちゃんの保護服を見て、「痛い思いしたんだね」と思いましたが
ストレス無く暮らせていることによかったね、と思います。
早いうちに手術をすれば婦人病のリスクが確実に減るわけですものね。
でも手術の同意書にサインする時はやっぱり、不安でしたよ^^;

私も発情の姿で泣いて、退院の姿を見て泣いて。(笑)

namiさんが手を差し伸べて擦り寄ってきたのは
安心できるのはnamiさんしか居ない!と信頼していたからでしょうね。T_T

涙、出ました。






[ 2008/09/26 23:23 ] あぷぼん [ 編集 ]
☆あぷぼんさんへ

おはようございます!

>ルルちゃん、発情来る前で手術されたのでしょうか?

発情してからです。私も手術がとても怖くて、発情してもいずれおさまるので、先延ばし先延ばしにしてしまいました。でも何度も発情して鳴いているルルを見て、どうしてやることもできないだってようやく覚悟を決め、手術を受けさせました。

>早いうちに手術をすれば婦人病のリスクが確実に減るわけですものね。

そうなんですよね。今となっては「もっと早くしてあげればよかった」って。

>でも手術の同意書にサインする時はやっぱり、不安でしたよ

私も^^。やっぱり止めようかと本気で思いました^^
[ 2008/09/27 10:02 ] nami [ 編集 ]
namiさんへ
みなさんのコメントを含め大変興味深く読みました!
ルルちゃんも発情来ちゃってたんですね^^;
なんだか長々と書いてしまってゴメンナサイ。
追伸:
それから、「チビ’S情報」の在り処を記してくださって
ありがとうございました。<(_ _)>
[ 2008/09/27 22:11 ] あぷぼん [ 編集 ]
namiさんへ

「チビ’S情報」の在り処を記してくださって
ありがとうございました。<(_ _)>

↑盗作(^-^)

それから…
そうなんですってね~、後から聞いたんですが、体内に吸収される糸なんですってね~
(高いんですか?、手術費は安かったですよ!)(^_^;)

ちょっと、言葉足らずでしたが、オペラのお腹、剃毛した様には見えないんです!
極狭い範囲で剃毛してるのかな?
食後に皆んなで毛繕いをしてますが、その付近を気にして舐めてる事もありませんし…

次の手術の時に、聞いてみようかと思ってます


横レスを失礼致します

あぷぼんさんへ

「チビ’S情報」の記載の件で、お礼を書いて下さり
ありがとうございました。m(- -)m
[ 2008/09/28 00:57 ] プーパ [ 編集 ]
☆あぷぼんさんへ
長くないですぅ(^^)こちらこそ貴重なご意見、お時間をさいてコメントしてくださりありがとうございました^^



☆プーパさんへ
吸収される糸は仕入れ金がお高いらしいですよ。それが手術代に反映されるのかしないのかまではわかりませんでしたけど^^

>極狭い範囲で剃毛してるのかな?

きっと腕のいいお医者様なんだと思います。何で調べたかかは忘れちゃいましたけど、傷口小さく手術できるのは腕がいいからだって書いてあったような気が・・・。(いいかげんですみません)でもいい先生ですよ、きっと。頼りになる先生が近くにいて安心ですね。
[ 2008/09/30 23:53 ] nami [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。