☆ ねこのルルちゃん ☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

再検査結果報告(前編) 

再検査結果報告です。

(今までの情況はカテゴリ「ルルの健康管理」をご参照くださいませ。)

 

えー、まずは、ルルさんに報告しました。

nami「ルルさん!! けつにょうがでました!!」

 

 

けつにょう・・・
081113-1


 

けつからにょうがでるのはあたりまえなんじゃないの?
081113-2


 

 

ねぇ、けつ!
081113-3 

 

 

nami「違います!にょうからけつがでたんですよ!」

 


 

・・・にょうから、けつ・・・。
081113-4

写真はすべて、イメージです。

 

 

でもまあ、こんな感じで報告を。

ほんとに「ルルさん!尿からケツがでたよ~」って言っちゃいました(バカ)

 

というわけで、尿検査から血尿が発見されました。orz

 

今日は長い文章が書けそうにないので、くわしいことはまた明日(たぶん)。すんません。

 

☆いつもゆかいなコメントをありがとうございます。当分、お返しが遅れたり、「みなさまへ」が続くかと思われます。それでもいいよ♪という方、コメントいただけると大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。





ブログランキングへ ありがとう!

☆ブログランキングに参加しています。よろしかったらポチっとお願いします。

 

 

******************************************************************

 

このブログを読んでくださっている皆様へ

いつもありがとうございます。引き続き里親探しのお願いです。

仔猫ちゃんの詳細は、ブロ友さんのあぷぼんさん「あぷぼんばー」(10/12の記事です)でご覧になれます。里親さんになれる方、または心当たりのある方、私宛でも結構です(右上にメルアドがあります)

ご一報いただけるとうれしいです。


[ 2008/11/14 07:04 ] ルルの健康管理 | TB(0) | CM(15)

再検査 結果報告 

 

10/6(月)再検査に行ってまいりました。
今までの経過はカテゴリ「ルルの健康管理」をご参照くださいね。



療法食無しの通常食で、血液検査(主にALT値)が通常値のままなら胆管炎完治、上昇してたらまた療法食というところまでこぎつけ、今回の再検査。





朝の鳥さんを眺めるルルさん
081008-1

では、結果です。

 

ALT値急上昇~!!(TmT)ウゥゥ・・・

 

半年かけてやっとこ正常値にまで治ったのに、たった1ヶ月で4ヶ月前の数値にまで迫る勢いの値をたたき出しました~。とほ~。

 




ふんふん
081008-2





ルル、また療法食だよ。



「あい」
081008-3



 

そんな中、ちょっとだけいい(?)お話。ルルは最初「リンパプラズマ性胆管炎」が疑われていましたが、これだけ急速にALT値が上がったにもかかわらず、この1ヶ月、吐き気もないし、黄疸もでていない。つまり胆管炎の症状が出ていないんです。なので、先生は胆管炎の疑いはもう無かろうとのこと。やった。

むしろ、当初疑われていた「生まれつき肝臓が少し弱い」説が再浮上(このことは今までブログ内で書いたことは無かったのですが)。なので、今食べているフードが(普通のネコちゃんなら大丈夫だけども)ルルの肝臓にはちょっと負担がかかる成分が含まれているのでは?とのこと。

 

でも、まあ、とりあえず、今は再度療法食でALT値を下げることが最優先事項。

普段のフードは(仮に)AとBの2種類を混ぜてあげていたので、ちょっと疑っているBのほうを避けて、A+療法食でまた様子を見ることになりました。

 

やれやれ、フードのことまた勉強しなおさなくっちゃ。

さあ、また長期戦ですよルルさん!がんばろうね!

 


「あい」むにゃ
081008-4

 

 

 

 


ブログランキングへ ありがとう!

☆ブログランキングに参加しています。よろしかったらポチっとお願いします。
[ 2008/10/08 08:00 ] ルルの健康管理 | TB(0) | CM(15)

再検査の結果 


昨日、ルルの再検査に行ってきました。

久しぶりのお話なので、ちょっと補足。
ルルは「胆管の調子が良くないぞ疑惑」があって、ずっと療法食なのですね。
※関連記事はカテゴリ「ルルの健康管理」ご参照ください。


ホントは7/14も行ったのですが、報告のタイミングを逸してしまって。まとめてご報告です。

7/14の朝のルル。「ごはん~」ルルなりの一生懸命アピールなのです。

※血液検査のため、朝ごはん抜きなのです。



えーと。で、いきなりですが結論。


すべて、万事良好です!

最初の4/17から何回か検査を重ね、7/14、9/8で、ついに正常値範囲内に治まりました! (ALT値だけはまだちょっと高めなんですけど、許容範囲内!)
リンパ球も正常値!
おしっこも結石無し!
ハラショー!!やったぞ!!ルル!

080909-1


で、今度は、療法食のおかげでこの数値なのか、実際胆管炎が治ったからこの数値になったのかを確認しなくてはならないわけです。なので、今日からは療法食無し。通常食で1ヶ月後に再検査。これにより数値の変動を診るんですね。高くなればまた療法食。現状維持なら胆管炎完治。


080909-2


ルル、いい結果がでるといいね。
[ 2008/09/09 16:00 ] ルルの健康管理 | TB(0) | CM(13)

再検査の結果報告 6/6 


昨日、ルルの再検査に行ってまいりました。



結果報告です
080606-1


結論から報告すると「良好」でっす!O(≧▽≦)O

では詳細です。長いです。すいません。
(今までの関連記事はカテゴリ「ルルの健康管理」に分けてみました。)

 




恒例の朝ごはん抜き
080606-2




検査内容:血液検査&尿検査

血液検査
ALT:前回276→今回186  AST:64→53(正常値範囲内に!) ALP:138→120

数値下がりました~。ASTなどは正常値です。数値の動きだけでは素人の私にはどれくらいよくなったのかわかりませんが、先生いわく「とてもいい」とのこと。うれしか~。



そして、療法食のスペシフィクFKDを摂取することで、ストロバイトの心配が懸念されていた尿検査の結果ですが、私、超びっくりです。


ph:前回7(アルカリ性)→今回5(酸性) 結晶:(+)→(-)


理想的な尿になっていました!前回検出されたストロバイト結晶も今回は見当たらず、無し!

これは、ウェット(猫缶)の回数を増やしたこと、食習慣を改善したことがとても有効だったようです。

ウェットで蛋白質の摂取&水分補給(これも教えてもらった方法ですが、たまに猫缶にぬるま湯をすこーし足して水分量をUPしてみたりもしてました^^)

そして食習慣を改善してみてわかったことですが、ちょっと小腹が減ったとき、以前はいつもごはんがありましたが、今は無い。どっこを探してもお皿にはお水だけ。「しょうがない、水でも飲むか、コクコク」(笑)という光景を何回か見かけました。これも水分量UPに役立ったんじゃないかと思うのです。


それから以前ちょっと触れた「常にごはんが食べられる状態だと尿のph値に影響を与えるそうで、尿路結石の原因になる場合がたまにある」ですが、もうちょっと詳しく調べました。
一般に食後の尿はアルカリ性に傾くのです。「食後のアルカリ尿」というそうです。で、いつでもたべられる→尿がアルカリ性でいる時間が長くなる→ストロバイト発生率が高くなる。(ストロバイト結石はph7.0以上で析出し、6.4~6(弱酸性)以下で溶けるという性質があるそうです)尿のphは1日のうちで変動するので、1日1回は6.6以下になるように気を配るとストロバイト予防に効果的らしいです。

以上良かったこと。

今度は悪かったこと。

血液検査によりリンパ球が前回5574から9669に増えたこと。原因は先生もわからないとのこと(おいおい)でも、ひとます大事に至るような数値ではないので、もう少し様子を見ることに。




今後は

1 今まで通りの食事内容と食生活を続けること。まずは肝臓ケアを最優先です。

2 リンパ球は次の検査の数値を見て、対応(薬の処方など)を検討することになりました。

以上です。







おウチに帰ってきて、ごはんもりもり食べて、のんびりするルルさん
080606-3



それから、今までルルの健康のことでいろいろアドバイスやエールを送ってくだっさった皆様、 本当にありがとうございました。私ひとりではきっとおろおろするばかりで何も出来ませんでした。
お力添え、とても感謝しています。おかげで、ルルの体は健康体に近づいてきています。とてもうれしいんです。何度言ってもいい足りないんです。本当にありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!



[ 2008/06/06 09:54 ] ルルの健康管理 | TB(0) | CM(14)

スペシフィク FKD をご検討中の方へ 

以前、記事内で、スペシフィクFKDが「尿結石もケアしている」と書きました。
で、もしその記事を読んで、ご購入を考えている方がいらっしゃったらちょっと待ってください。

すべては私の勉強不足によるものなんですが、たしかにFKDは「尿結石もケアしている」んですが、適応するのは「シュウ酸塩、シスチン、尿酸塩尿石症」です。(ちゃんと
HPにも表記されていました)


私が尿結石=「ストロバイト」だと思い込んでいたためのミスです。本当に申し訳ないです。


一応書きますと、尿結石には2種類、尿がアルカリ性に傾くことによる「ストロバイト」と、シュウ酸、カルシウム、蛋白質、ナトリウム、ビタミンC、Dの摂取過多による「シュウ酸カルシウム結石」があります。

FKDは「シュウ酸カルシウム結石」をケアするもので、方法は「アルカリ性尿を産生させ」るものです。

なので、FKDをご購入の際は、猫ちゃんの尿のphを知った上で、獣医さんとよくよく相談して決めてください。

私の早合点が皆様のご迷惑になりましたこと、お詫びいたします。本当に申し訳ないです。ごめんなさい。


ちなみにルルの尿のphはアルカリ性で「ストロバイト結晶」が微量ながら検出されています。
では、なぜそれでもFKDなのかといいますと

1 ルルのストロバイトは微量であること。これは食事の習慣改善(1日2回に!)と、ねこ缶=蛋白質(ウェット)の回数を増やす(今まで年に数えるほどしかあげてなかったのです。ずっとカリカリで。それをとりあえず週3回に増やしています)ことで、様子を見る。

2 ストロバイトより、まず、肝臓のケアを最優先したこと。(本来ならヒルズのl/dを食べてくれれば問題なかったのですが、食べないので(泣))

3 FKDのみを与えるわけではなく、いつものカリカリなどと混ぜて食べているので、摂取量が少ないこと。

以上、獣医さんともよーーーーく何度もしつこく(先生ごめんなさい)相談して決めたことです。
あと、2週間ほどで再検査をします。そのとき、尿検査もします。それで、やはりストロバイトが増えているようだったら、また別の方法を考えることになっています。長期戦ですね^^。



以上です。本当に申し訳ございませんでした。(*_ _)人ゴメンナサイ 。お願いこの記事だけでもいいんで、読んでください。間に合うといいなぁ。

[ 2008/05/18 08:42 ] ルルの健康管理 | TB(0) | CM(7)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。